会社案内

沿革

昭和43年10月
川崎市高津区坂戸262番地6に坂戸精機株式会社を設立。
昭和52年
マシニングセンター導入。
昭和56年12月
川崎市高津区久地166番地に本社移転。
昭和63年7月
社名を株式会社サンテックに変更。
平成3年
3,200,000円増資。資本金1,000万円にする。
平成4年1月
川崎市中原区宮内2-28-2に本社移転。
5月
超高速マシニングセンター導入。
平成13年1月
川崎市中原区宮内2-31-11に第二工場を設立。
7月
アンテン株式会社殿より導波管事業を移管。
平成16年10月
品質マネジメントシステム ISO9001:2000取得。
平成18年11月
2,000,000円増資。資本金1,200万円にする。
平成20年3月
本社横に2号館を新設。それに伴い第二工場を廃止。
平成20年3月
 
Ø350 × H240までのワークサイズ対応5軸制御立形マシニングセンタ MAM72-35V(松浦機械)を導入。
平成24年9月
平成26年打ち上げ予定「はやぶさ2」搭載 IES PLATE制作
平成25年3月
 
Ø420 × H350までのワークサイズ対応5軸制御立形マシニングセンタ MAM72-42V(松浦機械)を導入。